DMMビットコイン評判・口コミ

投稿者プロフィール
仮想通貨歴3ヶ月
31歳 男性 コンビニ店員
投資額
10万円
取引開始時期
2018年2月
利用取引所
bitFlyer/DMMbitcoin
保有通貨
ビットコイン/ライトコイン/ネム/リスク
DMMビットコインの評価
総合評価
使いやすさ
セキュリティ
手数料
サポート
機能・ツール

※この投稿は2018年5月に募集しました。

初投資への心配を無くしてくれたのは大手企業「DMM」の後ろ盾

仮想通貨を購入するにあたって、どの取引所で口座を開設すれば良いのかとても悩みました。

なにせ今まで作ったことがあるのは銀行口座くらいのものですから。銀行ならその気になれば全ての手続きを窓口の人に任せてしまえる安心感がありますが、仮想通貨取引所はそうもいきません。

急激な暴騰と暴落で認知度を大きく上げたとは言え、投機性が高い仮想通貨の社会的な地位は未だに不安定で、法整備も追いついていないのが現状です。

果たして仮想通貨取引所というのは本当に信頼できる所なのでしょうか?また信頼できるとして、何処の取引所を使えば良いのでしょうか?かなり真剣に悩みました。

口座の開設には個人情報の登録が必要なので、気軽にできるものでもありません。
銀行と同じ感覚でこちらの情報を渡して、万が一にでも悪用されようものなら目も当てられません。

やっぱり仮想通貨を買うのはやめようかな?ビビリな私がそう考えた時DMMビットコインに出会いました。

今でこそ比較的信用しても大丈夫な仮想通貨取引所を知っていますが、何も分からなかったあの時「DMM」と言うブランドを見つけたインパクトは大きかったです。

そのまま私は促されるようにDMMビットコインで口座を開設しました。

アプリの操作性が非常に良かったので取引も簡単にできた!

DMMビットコインで口座開設の手続きを終えて一週間くらい経った頃、郵送で認証コードが送られてきました。

私はさっそく認証コードを入力し、手続きを全て完了させるとその日のうちに入金を済ませて、さっそくトレードをしてみることにしました。

最初に購入した仮想通貨は、勿論ビットコインです。何度も操作方法を確認しながらの購入はかなり緊張しました。特に怖かったのはレバレッジ取引です。

株も含め、投資と聞いて私のような素人が一番恐れるのは借金を作ってしまうことです。レバレッジ取引をせずに現物取引だけを行えば追証をもらうことはないと分かってはいても、万が一操作を誤ってレバレッジ取引をしてしまったらどうしよう。そんな風にビクビクしながらも、何とかトレードをしてみました。

その結果……思ってた以上に簡単でした。その理由はDMMビットコインの取引システムアプリが凄く使いやすかったからです。

現物取引とレバレッジ取引がわかりやすく分かれており、何の説明も読まずに感覚だけで操作しても問題なく取引が出来そうなくらいでした。

あまりにも簡単で、なんだかゲームをやっているみたい。それがDMMビットコインで取引した感想です。

DMMビットコインのチャートの見やすさは他の取引所と比べて圧倒的1位

DMMビットコインは、なんと言ってもスマートフォン版取引システムアプリが素晴らしいです。

初心者でも簡単に操作でき、尚且つ見やすいチャート。私が仮想通貨の取引で最初に利用したアプリがDMMビットコインのもだったこともあり、最初のうちはこれが仮想通貨取引所の標準なんだと思っていましたが、そうではありませんでした。

いくつか他の仮想通貨取引所のチャートも見てみましたが、DMMビットコインのチャートはその中でも群を抜いて見やすく、他の仮想通貨取引所でトレードをする際も、その取引所のものは使わずにDMMビットコインのチャートを使うほどです。

また、DMMビットコインはアルトコインでレバレッジ取引が出来るという、他の仮想通貨取引所にはない長所もあります。

私自身はレバレッジ取引をするつもりはありませんが、レバレッジ取引が得意な人はこれだけを理由にDMMビットコインに口座を開設するのではないでしょうか。

販売所でしか通貨を購入することができないのでスプレッドが気になる

個人的には高評価のDMMビットコインですが、あえて悪い点を上げるとすれば「取引所」が無いので、ビットコインのトレードをする際は「販売所」を使うしかないことです。

それでもスプレッドが狭ければ短期トレードで利益を出すことも可能でしょうが、残念ながらDMMビットコインのスプレッドは決して狭いと言えず、短期トレードを行うには厳しいものがあります。

これは必ずしも他の仮想通貨取引所に比べてDMMビットコインのスプレッドが広すぎるという訳ではないのですが、多くの仮想通貨取引所には取引所があるので、販売所のスプレッドはあまり気にならないのです。

なぜ、他の仮想通貨取引所に取引所があって、DMMという大手がやっている仮想通貨取引所には販売所しかないのでしょうか?
DMMビットコインには是非この辺りを改善して欲しいと思います。

DMMビットコインは改善次第で今後もっと多くの顧客を集客できるはず

DMMビットコインは2018年の1月に仮想通貨取引所を開設したばかりですが、実際に申し込んでみると口座の開設からトレードを行えるようになるまで、これと言ったトラブルもなかったのは流石だと思いました。

今はまだ販売所のみで取引所がないことや、それにも関わらずスプレッドが大きいことを理由に、DMMビットコインのチャートは利用しても、取引自体は別の仮想通貨取引所で行うという人もそれなりの数いるようです。

しかし、DMMならそう遠くないうちにこれらの問題を解決してくれるに違いありません。

そうなった時、チャートだけを利用していた人達やDMMビットコインでのトレードを辞めた人達も、再びDMMビットコインを利用し始めることでしょう。

もしもこれから先、仮想通貨が通貨としてより身近になる未来が訪れたとしたら、その時仮想通貨業界を牽引しているのは、様々な集客及び販売術を駆使したDMMビットコインなのかもしれません。

 

DMMビットコイン関連記事