DMMビットコイン評判・口コミ

投稿者プロフィール
仮想通貨歴5ヶ月
29歳 男性 医療業界の営業
投資額
120万円
取引開始時期
2017年12月
利用取引所
coincheck/DMMbitcoin/Binance
保有通貨
リップル/VEN
DMMビットコインの評価
総合評価
使いやすさ
セキュリティ
手数料
サポート
機能・ツール

※この投稿は2018年5月に募集しました。

多くのメリットがあったためコインチェックからDMMに乗り換え

仮想通貨を始めた当初は、国内で一番有名だったコインチェックを利用していました。

国内でアルトコインの取り扱いが一番多いということを知り、せっかくであれば最初は分散投資をして、リスクの分散をしておこうと考えコインチェックのA利用を開始しました。

しかし現在は、金融庁の登録があり、セキュリティー面もしっかりしているDMMビットコインを利用しています。

DMMビットコインを知ったきっかけは、ローラ起用のCMです。気になったのでインターネットで調べてみたところ、金融庁の認可を受けており、アルトコインのレバレッジ取引が出来るということが判明しました。

また、私自身が一番好んで売買している「リップル」を取り扱っており、スプレットは発生するもののチャート分析やテクニカル分析を応用して短期売買をする取引所として利用できると思いました。

さらに、キャンペーン期間だったこともあり、口座開設をすると新規登録者にメリットがあったため、これは良い機会かもしれないと思い、口座を開設しました。

アルトコインのレバレッジ取引で大きく稼げる

DMMビットコインは、国内の金融庁認可を受けた取引所として唯一、アルトコインのレバレッジ取引ができます。

レバレッジ取引は特に危険と隣り合わせなため、本当に信頼の出来る通貨に投資をするべきですし、チャートを熟知した上で利用すべきです。

逆に言うならば、自信があるのであれば、DMMビットコインのレバレッジ取引はアルトコインで大きく稼げる手段として活きてくるということになります。

また、スマホ用のDMMビットコインアプリがあるため、いつでも取引が出来る点は利用者として好感を持てます。
売買の方法も非常に簡単ですし、サーバーもダウンすることが少ないため、トレードをする上での問題点は無いと思います。

DMMビットコインでの取引は豊富な知識と経験が必要

DMMビットコインの短所は、板取引が出来ないことです。

レバレッジ取引を行うか、取引所からの購入しかないためスプレットが発生してしまいます。
つまり、小さな値動きでは利益を得ることが難しく、逆に損失を出してしまうことが珍しくありません。

さらに、レバレッジ取引は時間が経つことで手数料が発生してしまうため、長期的なホールドは絶対にできません。ロスカットの危険があるため、全てが短期トレードになります。損切りも時には必要になってきます。

つまり、DMMビットコインの長所を活かすのであれば、十分な知識のもと、投資するタイミングや売るタイミングを見極められる経験や技術が必要となります。

ツールとしては使いやすいですが、内容は上級者向けの取引所であると言えます。

金銭的な余力が大きく、今後利用者は拡大するだろう

現在、仮想通貨のCMは一時期より減りました。理由としては取引所の問題点が浮き彫りになったり、ユーザーに損出が出るようなトラブルが相次いでいたことが大半になります。

その中でもDMMビットコインは、長い間CMの放映を続けています。つまり、それだけセキュリティー面も強く、顧客第一で取引所を作っている証拠であると思います。

また、DMMビットコインは新規口座開設者に対しキャンペーンを打ち続けています。
言い換えるのであれば、キャンペーンを打ち出せるだけの金銭的な余力がまだまだあると言えます。

運営上の安心感もありますし、今後もアルトコインのレバレッジ取引を中心に取引所のメリットを利用したい口座開設者は増えていくのではないでしょうか。

また、今後口座開設者が増え資金繰りやコインの流動性がより良くなってきた場合は、サービスの質や内容も更に上がっていきます。取扱通貨も増えていくでしょう。

その期待に応えてくれる日を待ちながら利用を継続していきたいと思います。

 

DMMビットコイン関連記事