RIPEMD-160(ライプエディ-160)はハッシュ関数のひとつです。

ビットコインで使用されるハッシュ関数はSHA-256とRIPEMD-160になります。RIPEMD-160はSHA-256より短いハッシュ値になり40文字(160ビット)になります。

このハッシュはGPUで計算されやすいようになっており、SHA-256とRIPEMD-160を組み合わせることで、より強固になり利便性も兼ね備わっています。

 

仮想通貨用語集へ戻る