GMOコイン

設立されてから日が浅いものの、同グループの企業にて得たノウハウを活かし利用者にとって利便性が高いサービスを展開しているのがGMOコインです。

GMOコインの利便性が高く感じられる大きなポイントとして挙げられるのが、取引手数料入出金手数料といった金銭的な負担が小さく済ませられる点です。

GMOコインの取引手数料や入出金手数料がどのように設定されているのか紹介していきます。

GMOは入出金手数料が無料

入出金は企業毎により定められていますが、取引に際しては注文方法とタイミングにより変動します。

仮想通貨を利用したい場合はGMOコインに対して入金をする必要があり、通常入金する場合には手数料が発生してしまいますが、GMOコインでは入金手数料が発生しません。

入金を行う方法は一つではなく複数の手段が提供されており、その中には即時入金という方法も存在します。

即時入金は、国内発の大手ECサイトが展開している銀行や大手メガバンクのネット銀行などが対応していて、即時入金に際しても料金は発生せず、すぐに入金結果を反映させる事ができ迅速です。

出金手数料もかからない

仮想通貨を所有している場合、現金を入金して仮想通貨を買い求める事例の他に、仮想通貨を現金にする出金を行う機会も多いですが、GMOコインでは出金手数料は一切不要です。

当然の事ながらたとえ少額でも手数料が発生しないため、料金が発生する場合では躊躇してしまうこまめに何度も繰り返し出金するという処理が気兼ねなく行えます。

また、出金時に手数料が発生してしまう場合では金額に応じて料金も上乗せされてしまう事例が多いので、実際に手にする事ができる金額が小さくなってしまう事がありますが、GMOは一切手数料を取られないので申請した全額分が手元に入ります。

仮想通貨の送金手数料も無料

そして、すっかり一つの通貨として確立した仮想通貨を取り扱っている取引所は他にも数多く存在しているので、他の取引所に対して仮想通貨を送金するという機会もあります。

GMOから他の取引所に対して通貨を送金する場合にも無料なので、仮想通貨の取り扱いや管理に際して懸念材料になっていた事柄が総じて解消されています。

GMOコインは取引手数料も無料

通常、仮想通貨を管理し販売している取引所に通貨の注文をした際には取引手数料も発生しますが、GMOでは取引手数料についても無料になっています。

今日では同様に注文時の負担が無料であると掲げられている取引所は他にも存在していますが、GMOが唯一無二なのはスプレッドが著しく低いためです。

つまり、他社の場合は実質的には無料であるものの、随時変動するスプレッドにより結果として料金を徴収している様子になりますが、GMOコインではスプレッドが0.001%という驚異的な低さに設定されているので、結果的にスプレッドの影響により負担が大きくなってしまうという事態にも見舞われずに済みます。

仮想通貨FXの手数料も無料

GMOコインは、仮想通貨の取引所の中では後発組であるのにも関わらず強い存在感を見せているのは、このように一線を画するほど負担が小さな状態で利用できる点が関係しています。

その他にも、仮想通貨でFX取引ができる点もあります。

しかも、FXについても仮想通貨におけるレバレッジ取引と同様に、仮定的に売買をして結果のみが得られる仕組みが導入されています。

FXも仮想通貨と同じく注文時に生じる料金が無く、取引手数料も発生しないので、投資については投資額のみに目を向けて管理をしていれば良いです。さらに、生じた利益を得る際にも手数料が発生しないので、本来得られる予定の金額に比べ、実際に手元に入る金額が大幅に低いという事態に見舞われません。

このようにGMOコインは後発組であるからこそ、従来の取引所の利用に際して懸念材料になっていたポイントを払拭しているので、初心者はもちろん長い目で見て安定的に取引を行っていきたい方にも最適です。

まとめ:GMOの手数料は安い

結論としては、GMOコインの手数料は安いです。

他の取引所では手数料が発生してしまうような項目が、GMOコインでは手数料を支払わずに利用できます。

GMOコインの手数料一覧
  • 入金手数料→無料
  • 出金手数料→無料
  • 仮想通貨送金手数料→無料
  • 取引手数料→無料
  • FX取引手数料→無料

このように、無駄な手数料を払うことなく安くお得に利用できる取引所がGMOコインです。

手数料の安さを重視するならGMOコインがおすすめです。

GMOコイン関連記事

Twitterでフォローしよう