プルーフオブワーク(POW)とは新しいブロックの承認システムのようなもので、マイニング(採掘)を行うことで報酬をもらうという一連の流れをプルーフオブワークと呼びます。

ビットコインはプルーフオブワークを採用してマイナーに報酬を発生させることにより、ハッキングの可能性を限りなく低くしています。

その理由は、例えば悪質な者がブロックチェーンの取引履歴の改ざんを試みたとします。ブロックチェーンでは取引履歴が変われば、ブロックのハッシュ値も変わってしまいます。

この悪質な者が改ざんしたブロックを正しいものと見せかけるには、計算作業をもう一度すべて行って値を見出さなければいけなくなります。さらに1つのブロックの値を見出したとしても、その後に続くブロックの値も再計算しないといけなくなります。これはブロックの値の計算には前のブロックの値も入っているためです。

悪質な者はこの改ざんを行い、最新のブロックまで改ざんし続けてそれを追い越さないといけません。また、ハッキングが行われてビットコインが流出すると、ビットコインの価値が暴落するのでハッキングして得たビットコインの価値も下がるためハッキングのメリットがありません。

ビットコインでは、この「プルーフオブワーク」と「ブロックチェーン」という画期的なシステムを採用することにより安全性を確保して信頼を得ています。

 

仮想通貨用語集へ戻る