仮想通貨用語

プルーフ・オブ・ステーク

投稿日:

プルーフオブステークとはプルーフオブワークの問題点に対処するためにできたシステムです。

ビットコインではプルーフオブワークが採用されており、これはマイニングが将来終わるとマイナーの報酬が手数料だけになります。マイナーは多くの利用者に利用させようとすると手数料の報酬は減ることになります。そうするとマイナーが離れる可能性があり、マイナーが減るということは計算の何度が下がりブロックチェーンが攻撃に弱くなることを意味します。

この問題を解決するための方法がプルーフオブステークで、有名な仮想通貨ではイーサリアムなどに採用されています。

「一番最初に計算作業を完了したマイナー」に報酬がもらえ計算量によりシステムが保護されているプルーフオブワークに対して、プルーフオブステークは「その仮想通貨の資産保有が多い人」によってセキュリティの保護がされています。

例えばプルーフオブステークではマイニングが成功する確率を表すと、マイナーが保有するコインの量が全体の1%だった場合、そのマイナーが成功する確率は1%になります。

 

 

-仮想通貨用語

Copyright© 仮想通貨とビットコインの教科書 , 2018 All Rights Reserved.