仮想通貨用語

ウォレット

投稿日:

ビットコインにおいてウォレットとは簡単に説明すると「財布」を意味します。

ウォレットはビットコインを送受金できるだけでなく保管することもできます。

ウォレットには大きく3種類あり、

  1. クライアント型
  2. オンラインウォレット型
  3. オフラインウォレット型

この3種類に分かれます。

 

①のクライアント型ですが、これはソフトウェアをPCにインストールしてビットコインを管理するものです。クライアント型の中でも全取引のデータをダウンロードする完全版(Bitcoin Coreなど)とブロックチェーンをダウンロードしない簡易版(breadwalletなど)があります。

②のオンラインウォレットはは、自分のPCにソフトウェアをインストールしてビットコインを管理する「デスクトップウォレット」(クライアント型もデスクトップウォレットのひとつ」、ウェブ上でビットコインを管理する「ウェブウォレット」、スマホでビットコインを管理する「モバイルウォレット」に分かれます。

③のオフラインウォレットはコールドウォレットとも呼ばれます。オフラインウォレットは自分の秘密鍵やアドレスを用紙に印刷し、それを自分の任意の場所に保管する「ペーパーウォレット」とUSBメモリなどにビットコインを移動させて保管する「ハードウェアウォレット」に分かれます。

 

 

人気の記事

1

  現在日本でビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の取り扱いを行っている18社の取引所を一覧で紹介します。 過去にマウントゴックス事件が起こったために取引所選びは大変慎重に行う必要がありま ...

2

  ビットコイン(bitcoin)とは、世界で初めて作られた仮想通貨(暗号通貨)です。通貨と呼ばれる言葉通り「円」や「ドル」と同じ位置づけとして世界中で利用されつつあります。 通常の通貨と何 ...

3

  ビットコインがどのような仕組みで仮想通貨として成り立っているのかを紹介します。 まずざっくりと概要を説明すると、「ビットコインはP2Pネットワークとプルーフオブワークによってブロックチェ ...

4

2014年に大量のビットコインが紛失した通称「マウントゴックス事件」が急展開を見せています。 大量のビットコインを盗んだのは当時のマウントゴックスの社長であるマルク・カルプレスだという見方でほぼ確定し ...

5

  2017年7月現在、仮想通貨業界の話題をさらっているのが8月に起こると噂されている「ビットコインの分岐(フォーク)問題」です。 ビットコインは本当に分岐してしまうのか?分岐するとどうなる ...

-仮想通貨用語

Copyright© 仮想通貨とビットコインの教科書 , 2017 All Rights Reserved.