SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)の仮想通貨取引専用サイト【VCTRADEとは】取扱通貨や手数料・Sコイン・最新情報など

投稿日:

VCTRADE

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)が提供する仮想通貨取引専用サイト「VCTRADE」について紹介します。

SBIが2017年12月12日、は仮想通貨事業を展開するSBIバーチャルカレンシーズは取引専用サイトとして「VCTRADE」オープンすると発表しました。

これにより仮想通貨取引を行う場は「SBIバーチャルカレンシーズ」ではなく「VCTRADE」となりました。

仮想通貨ユーザーとして事前に把握しておきたい「VCTRADE」の特徴や利用法などを紹介していきます。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズ関連記事
SBI バーチャルカレンシーズ
SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)を徹底解説!取扱通貨・手数料・口座開設・Sコイン・DAE・評判など。SBIグループやSBI Ripple Asiaもアリ

  仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)について紹介します。※SBIVCは2018年2月現在でまだオープンしていない取引所です。 SBIバーチャルカレンシーズの取扱通貨や ...

続きを見る

SBIバーチャルカレンシーズとDAEの違い
SBIグループの2つの取引所「SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)」と「Digital Asset Exchange(DAE)」の違い

SBIグループが開設予定の2つの仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ」と「Dgital Asset Exchange(仮称)」の違いについて紹介します。 Digital Asset Excha ...

続きを見る

 

 

 

VCTRADEとは

先述したようにSBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)はVCTRADEを仮想通貨取引専用サイトとしてオープンすると発表されましたが、詳細はまだ発表されていません。

これまでSBIバーチャルカレンシーズで行うとされていた内容の一部はVCTRADEに導入されることになるでしょう。

ある程度分かっているVCTRADEの特徴としては

  • 取扱通貨がビットコイン・ビットコインキャッシュ・リップル
  • 自社発行通貨Sコインを取り扱う
  • 住信SBIネット銀行と連携している
  • 個人での取引専用(法人は不可)
  • 仮想通貨交換業者登録は登録済み(SBIバーチャルカレンシーズ名義)

これらの内容はある程度決定事項として発表されています。

 

取扱通貨はBTC・BCH・XRP(予定)

VCTRADEオープン当初はビットコイン(BTC)・ビットコインキャッシュ(BCH)・リップル(XRP)を取り扱う予定です。

主に金融庁のホワイトリスト記載通貨を取扱うと思われるので、通貨数が増えたとしても10種類を上回ることは無さそうです。

今後増えるとするとイーサリアム・ライトコイン・リスク・ネムなどでしょう。

海外向けサイトの「Digital Asset Exchange」ではより多くの仮想通貨を取扱う模様です。

 

DAE関連記事
SBIバーチャルカレンシーズとDAEの違い
SBIグループの2つの取引所「SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)」と「Digital Asset Exchange(DAE)」の違い

SBIグループが開設予定の2つの仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ」と「Dgital Asset Exchange(仮称)」の違いについて紹介します。 Digital Asset Excha ...

続きを見る

 

自社発行のSコイン

Sコイン

※注 画像のSコインはイメージです

VCTRADEので最も注目されているのがSBIVCが発行する「Sコイン」です。

Sコインは通常の店舗での決済容易化やSBIグループの金融事業での利用を目的として開発された仮想通貨です。

まだ世に出回っていないSコインには価格が付いていない状態なので、Sコインが解禁されると急激に高値を付ける可能性があります。

これはSBIグループのこれまでの信頼度からSコインに対しての期待が膨らんだことによって起こります。

より早く手にすることができれば安価で購入できるので、購入を考えている方は取引所オープン後すぐに購入することをおすすめします。

※これはSコインの価格上昇を補償するものではありません。購入は自己判断でお願いします。

 

金融庁の仮想通貨交換業者登録は2017年9月に登録済み

仮想通貨取引所の信頼度を測る一つの基準として、金融庁に「仮想通貨交換業者登録」しているかが目安になります。

仮想通貨交換業者登録されたことは、金融庁の厳しい審査に通って取引業者として認められた証なので、事前の準備はしっかりと整えていることが分かります。

仮想通貨交換業者登録引用:SBIバーチャルカレンシーズ

登録名義はSBIバーチャルカレンシーズですが、VCTRADEの運営元なのでそのまま適用されます。

 

VCTRADEの口座開設は一旦停止中

2017年10月に先行口座開設予約を開始していましたが、取引開始日時は発表されておらず、2017年12月に一般口座予約受付を開始すると発表されていましたが延期されています。

VCTRADE一般受付延期のお知らせ引用:SBIバーチャルカレンシーズ

2018年2月現在も再開されていません。

先行予約者でIDとパスワードが付与されている場合はログインが可能です。

 

一部のユーザー限定でリップルを試験販売

先行口座予約をした人の中の一部のユーザーはリップルの取引を試験的に解放されています。

G20引用:SBIホールディングス株式会社決算説明会

本格的な取引業務開始前に少量の取引を行うことで不具合や誤作動が起こらないか確認する目的でしょう。

また、SBIバーチャルカレンシーズはリップル社と共同で「SBI Ripple Asia」を設立しており、仮想通貨の中でもリップルを特に重要視していることが分かります。

 

VCTRADEの開始時期はG20の結論を待つ

SBIVCはリップルの試験販売発表記事内でサービス開始時期についても言及しています。2018年3月に行われるG20で「ビットコインの規制問題」が議論に上がるので、G20の結論を見て開始時期を決める模様です。

G20の発表を待つ

参考:ビットコイン規制問題が次期G20(2018年開催)の議題に | CoinChoise

 

VCTRADEの手数料

現在分かっているVCTRADEの手数料は「住信SBIネット銀行からの即時入金は手数料無料」ということだけです。VCTRADEを仮想通貨取引の中心にしようと考えている人は住信SBIネット銀行の口座開設をおすすめします。

※その他の手数料は分かり次第更新します。

 

VCTRADEの取引方法

※取引所オープン後更新

 

VCTRADE:まとめ

SBIバーチャルカレンシーズの中でも核となる事業である取引事業の専用サイト「VCTRADE」について紹介しました

オープン前なので発表されていない情報が多く、内容が薄くなってしまいましたが、SBIの情報が更新され次第随時追記していきます。

早く口座予約受付が開始されてオープン日が発表されるのを待つばかりです。

 

 

SBIバーチャルカレンシーズ関連記事
SBI バーチャルカレンシーズ
SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)を徹底解説!取扱通貨・手数料・口座開設・Sコイン・DAE・評判など。SBIグループやSBI Ripple Asiaもアリ

  仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)について紹介します。※SBIVCは2018年2月現在でまだオープンしていない取引所です。 SBIバーチャルカレンシーズの取扱通貨や ...

続きを見る

SBIバーチャルカレンシーズとDAEの違い
SBIグループの2つの取引所「SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)」と「Digital Asset Exchange(DAE)」の違い

SBIグループが開設予定の2つの仮想通貨取引所「SBIバーチャルカレンシーズ」と「Dgital Asset Exchange(仮称)」の違いについて紹介します。 Digital Asset Excha ...

続きを見る

 

この記事を書いた人

zunji
2017年6月から仮想通貨サイトを運営しています。 初心者でも分かりやすいサイトをモットーに記事作成を行っています。 推し仮想通貨はリップル。

 

-SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)
-, ,

Copyright© 仮想通貨とビットコインの教科書 , 2018 All Rights Reserved.