DMMビットコイン評判・口コミ

投稿者プロフィール
仮想通貨歴1年2ヶ月
43歳 男性 IT企業の経理
投資額
100万円
取引開始時期
2017年3月
利用取引所
bitFlyer/Zaif/DMMbitcoin/bitbank
保有通貨
ビットコイン
DMMビットコインの評価
総合評価
使いやすさ
セキュリティ
手数料
サポート
機能・ツール

※この投稿は2018年5月に募集しました。

DMMFXでの取引で問題がなかったため、口座を開設しました

私は、2018年1月にDMMビットコインの口座を開設しました。

DMMビットコインで口座を開設した理由は、以前からDMMFXでFXトレードをしていて親しみがあったからです。

また、FXトレードをしていて一度もシステム障害を発生させたことがなく、スリッページの設定もきちんと機能していたので、DMMビットコインなら仮想通貨取引所の運営も問題なく行うであろう、と考えて利用を開始しました。

他にも、DMMビットコインのホームページを見ると、FX取引画面よりもチャート機能が充実しているように思えた点も大きな理由です。

当時は新規口座開設キャンペーンを展開しており、口座を開設すると1000円もらえることも口座開設の動機となりました。

スプレッドが狭くデイトレードで稼げる

DMMビットコインは、スプレッドの狭さが大きなメリットだと感じました。
スプレッドが数千円に設定されているため、デイトレードでも売買タイミングさえ間違えなければ十分に利益を得ることができました。

他の仮想通貨取引所はスプレッドを数万円に設定しているケースがあり、とてもデイトレードでは利益を稼ぐことができなかったため、DMMビットコインに口座を開設して良かったと考えています。

また、DMMbitcoinの良い点は、FX取引の運営で培ったノウハウを、仮想通貨取引所の取引ツールに十分に取り入れていることです。
チャート画面では1本ずつのローソク足が明確に描画されているので、底値圏で下髭の長いローソク足が出現したときには、これは買いタイミングであると明確に判断しやすいです。

アプリのチャート画面の色合いが薄く、相場の判断が難しい

DMMビットコインの改善点は、スマートフォンアプリの取引画面やチャート画面での色合いが薄い点です。全体的に色合いが薄いと思います。

数字の表示についてくっきりとした黒色表示をしてもらった方が見やすいです。特にスマートフォンで注文を出すときには、電車の車内や喫茶店にいるケースもあるので、文字の色合いを濃くしてほしいと思います。

また、スマートフォンのチャート画面におけるローソク足や、移動平均線の色合いも薄いと思います。

パソコン画面のほうが明確に描画されていると思うのですが、スマートフォンの画面では薄い色で表示されており、ローソク足が見にくいです。
このため、上髭や下髭が見にくく、日足チャートにおける1日の相場の強弱が判断しにくいのが実情です。

これらスマートフォン上での配色を改善していただければ幸いです。

DMMビットコインはレバレッジ取引が可能なので多額の利益が得られる

DMMビットコインは、レバレッジ取引をする方へはお勧めできる仮想通貨取引所です。スプレッドが数千円の幅となっているので、デイトレードでも十分に利益を出すことができます。

そして、レバレッジ取引時に証拠金の5倍の金額のポジションを持つことが可能です。
例えば、100万円の証拠金があれば、500万円分の買いポジションを持つことができるため、多額の利益を得ることも可能となっています。

また、パソコン画面ならば、チャート画面がくっきりと表示されていますので見やすいです。

ローソク足や移動平均線などがくっきりと描画されていますので、日足チャートであればその日1日の相場の強弱を判断することができますし、移動平均線のゴールデンクロスやデッドクロスのタイミングで売買し、利益を得ることも可能です。

ほかにも、DMMビットコインではロスカットルールもあるため、買いポジションを持ったあと相場が下落トレンドに向かったとしても、多額の含み損を抱える心配はありません。

証拠金維持率が80%となった時点でロスカットルールが発動され強制決済されますので、トレーダーは残された証拠金で再度トレードに挑むことができます。

 

DMMビットコイン関連記事