ビットポイント評判・口コミ

投稿者プロフィール
仮想通貨歴3ヶ月
44歳 女性 ウェブデザイナー
投資額
50万円
取引開始時期
2018年2月
利用取引所
Zaif/GMO/bitbank/BITPOINT/Liquid
保有通貨
ビットコイン/リップル/ネム
ビットポイントの評価
総合評価
使いやすさ
セキュリティ
手数料
サポート
機能・ツール

※この投稿は2018年5月に募集しました。

セキュリティの良さとリップルが決め手

BITPOINT(ビットポイント)は、「日本最大級の取引所」「金融庁認可で安心」「手数料無料」と宣伝するバナーを目にして、安全そうだと思い申し込んでみました。

ビットポイントは、2017年の9月には金融庁に認可を受けている取引所です。 また、証券会社レベルの高いセキュリティを実現していると謳っていて、コインチェック騒動の際にも、親会社のリミックスポイントの社長自ら、ビットポイントの安全性を説明していました。

コインチェックでは不備だった「マルチシグネチャ」にも対応していて、セキュリティの万全さを重視して利用することにしました。

他に決め手になったのは、リップルが買えることです。

私はリップルを買いたいと思っていましたが、今年の2月の末時点で、国内の取引所で手数料がかからずリップルを購入できるのは、ビットポイントとあと一箇所くらいだけだったのも大きな理由です。

リップルに限らず、売買手数料の他に、入出金手数料も無料で取引できるのは大きなメリットだと思いました。

外貨とビットコインの取引ができるので選択肢が広がる

ビットポイントは、ビットコインが外貨(米ドル、ユーロ、 香港ドル)で取引できるのも便利だと思いました。

MetaTrader4(MT4)というFXツールを採用してる唯一の仮想通貨取引所で、自動売買など色々便利な機能もあります。仮想通貨はやはり為替の影響も受けるので、FXに特化したツールが用意されているのは便利です。

また、仕事先など出先では、スマホで取引することも多く、スマートフォンでのインターフェースも使いやすいです。

「BITPoint Wallet」というアプリも用意されているので、安全に便利に取引ができます。

ビットポイントは現段階で一番信頼度が高い取引所

ビットポイントは、手数料が無料なので、売買コストが節約できるのも大きな魅力ですし、何より安全性を考えると現段階で一番信頼できます。

コインチェックやZaifなどが、流出騒ぎや売買停止騒動などで大きなリスクにさらされましたが、BITPOINTはこれまで、報道されるような大きな不祥事を起こしていません。

二段階認証はもちろんのこと、マルチシグネチャやコールドウォレットなど、必要なセキュリティ体制が万全に取られているので、他の取引所より安心感があります。

もちろん、自分自身でハードウォレットを用意して二重にセキュリティ対策もしていますが、運営会社の安全性は必須だと思います。

サポート体制とツールが充実している

ビットポイントのサポートについては、簡単なことならメールで問い合わせれば48時間以内に回答がきているので、サポート体制も満足しています。

ツールも高機能なものが充実していますし、アプリや画面のユーザビリティも問題ありません。私のスマホはちょっと古い機種ですが、これまでに取引をしていてフリーズしたことがなく、サクサク動くよう設計されていると思います。

MetaTrader4(MT4)は高機能でまだすべてを使いこなせてはいませんが、FX取引でフィボナッチ数を計算させたり、テクニカルの分析にはとても役立っています。

取引回数が多ければ流動性の少なさが気になるかも

ビットポイントは自分にはメリットだらけでしたが、一般的にはZaifや昨年人気のあったコインチェックなどと比べると、取引ユーザー数が少なく流動性が少ないことがネックであげられていました。

しかし、自分は分散の取引で回数も多くはないので、流動性に関しては特に不便さは感じませんでした。

また、クレジットカードでの入金に対応してないのが不便に思うこともありましたが、そもそもZaifなどはクレジットカードがOKでも手数料が8%もかかるので、金額的にはなくても構わないかなと思います。

総合的に見て、特に改善してほしい点はありませんが、ユーザー数が増えて流動性が向上することと、取扱通貨数が増えると、今後の取引の幅が広がると思います。

仮想通貨の更なる可能性に期待したい

昨年からの仮想通貨人気で、国内外に多くの仮想通貨取引所が乱立しました。

玉石混合の市場の中で、いい取引所、怪しい取引所が絞り込まれてきたように思います。

仮想通貨も一番のバブル期に比べると、ビットコインもネムも半額以下になっていて、バブルが弾けたという見方もあります。しかし、仮想通貨は投機の対象というだけではなく、本来はブロックチェーン技術を用いて、様々な便利な用途に使われていくものだと思っています。

まだまだ発展途上の分野で、成長性に関しては個人的に未知数だと思います。

私の知り合いの企業では、CSRに仮想通貨を利用できないかということも模索していて、独自の通貨を創設し、社会貢献度に応じて還元したポイントを、仮想通貨と交換できるようなスキームも作ろうとしています。

こうした利用方法が世の中に人がっていくと、仮想通貨は単に通貨としての役割だけでなく、人や会社の信用度を測る役割も持ってくると思います。

BITPOINTの親会社であるリミックスポイントのCEOも、同様のプレゼンをしていました。

今後仮想通貨の可能性が広がって、世の中をもっと便利にしていくことにワクワクもするので、そういうものに余剰金を投資するのも、夢があっていいと個人的に思っています。

 

ビットポイント関連記事