ビットポイント評判・口コミ

投稿者プロフィール
仮想通貨歴1年2ヶ月
43歳 男性 IT経理部
投資額
100万円
取引開始時期
2017年3月
利用取引所
Zaif/GMOコイン/bitpoint/binance/DMMbitcoin bitbank/QUIOINEX
保有通貨
ビットコイン
GMOコインの評価
総合評価
使いやすさ
セキュリティ
手数料
サポート
機能・ツール

※この投稿は2018年5月に募集しました。

ビットポイントは親会社の規模が大きく、経営メンバーも優秀

私がビットポイント(BITPOINT)を利用しようと考えた理由としては、上場企業のリミックスポイント社が主要株主となっているため、システムリスク管理態勢を整備しているのではないか、という期待感を抱いたことが挙げられます。

また、ビットポイントのホームページの会社概要欄には、経営メンバーの氏名や顔写真、経歴が掲載されているのですが、元金融庁長官の日野正晴氏が特別顧問に就任しています。

そのため、ビットポイントならば不祥事を起こしたり、ハッカーからの攻撃によって顧客の資産が流出する確率がかなり低いと思いました。

業務改善命令が出ていない優秀な取引所

2018年になってから、複数の仮想通貨取引所において金融庁による一斉検査が実施されました。

ハッカー攻撃によって顧客資産が盗まれたり、ロスカットラインに達していないにもかかわらず、誤って強制ロスカットをするなどの事件が複数起こったからです。

そしてこの検査後、金融庁によって仮想通貨取引所7社に対して業務改善命令が出されました。しかし、ビットポイントは対象外であったことはビットポイントの運営の健全性を証明し、信頼する大きな決め手となりました。

初心者にもわかりやすい説明がある

ビットポイントの良い点は、仮想通貨取引の初心者に対してもわかりやすいよう、利用方法をホームページで説明している点を挙げることができます。

具体的には、口座開設の手続き方法から仮想通貨の取引時間帯といった基本的な内容を、大きな文字でイラストを用いて説明しています。

このため、BITPOINTならば口座を開設したあと、不明な点が発生した場合には、わかりやすく教えてもらえるのではないかと、期待感を持たれると思います。

25倍の高レバレッジ!ツールも優秀で使いやすさ抜群

ビットポイントではレバレッジ取引ができますが、最大で25倍の倍率までレバレッジをかけられる点も良い点として挙げたいと思います。

仮想通貨の値動きの激しさに慣れてきた場合には、高いレバレッジをかけてポジションを持ち、積極的に利益獲得を目指すことができます。

加えて、取引ツールの使いやすさは、群を抜いたレベルであったと思います。

画面の色合いがくっきりとして見やすかったですし、パソコン画面全体にチャート画面が表示されるため、トレンド転換のタイミングを見極めやすかったことも好印象です。

また、ビットポイントのチャート画面においては、ローソク足をメインの扱いにしてくっきりと描画し、移動平均線やMACD、一目均衡表などのテクニカル指標のラインをサブの扱いにして、テクニカル分析しやすいように画面を作ってくれています。

証券会社やFX会社に匹敵するツール

ビットポイントの特徴は、インターネット証券会社やFX会社に匹敵する取引ツールを顧客に提供している点にあります。

特にチャート画面が見やすく、ローソク足を中心にして、移動平均線や一目均衡表、MACDなど多様なテクニカル指標を用いてテクニカル分析を行うことができます。

この結果、激しい値動きをする仮想通貨についても、的確な買い転換や売り転換のタイミングをとらえ、ポジションを持つことができます。

元金融庁長官が特別顧問なのでセキュリティは盤石

初めにも述べましたが、ビットポイントは、上場企業であるリミックスポイント社が事実上経営権を握っていて、経営メンバーには元金融庁長官の日野正晴氏が名を連ねている取引所です。

上場企業とは、東京証券取引所や金融庁の監督下にある企業なので、この要素だけでもBITPOINTに対しては大きな信頼感を持つことができます。

さらには、ビットポイントの特別顧問には元金融庁長官の日野正晴氏が就任していますので、システムリスク管理態勢は盤石といえるのではないかと考えます。

そのため、仮想通貨取引を始めたいと考えている人は、管理体制・セキュリティ体制が整っているビットポイントでの口座開設をおすすめしたいと思います。

 

ビットポイント関連記事