M-PESA(エムペサ)とはケニアで広く使われている携帯電話のSMSで送金するサービスです。

ケニアの人口の2/3が使用しており、エムペサでの資金移動はケニアのGDPの約25%にものぼります。

アフリカでエムペサが広く使われている理由として、アフリカでは銀行システムが発達してないからです。

このことから、エムペサと同じような利便性で使用される可能性のあるビットコインはアフリカで広く使用される可能性があると言われています。

 

仮想通貨用語集へ戻る