51%問題とは、マイニングを行っているマイナーの過半数(51%)以上がこれまでのチェーンとは別のチェーンを掘り、不正なブロックを作り出してしまうことです。

51%以上のハッシュパワーを持ったマイナーが新しいブロックを作ることで、記録の書き換えやハッキングが可能になります。

 

仮想通貨用語集へ戻る