仮想通貨用語

仮想通貨法

投稿日:

2017年4月1日に施行された「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案」の中に「仮想通貨」が追加され、これを一般的に仮想通貨法と呼んでいます。

この法律の中ではビットコイン含む仮想通貨は法定通貨でなく資産として取り扱われます。

仮想通貨は金融商品ではありませんがキャピタルゲイン課税は雑所得になり総合課税の対象となります。

 

 

人気の記事

1

  現在日本でビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の取り扱いを行っている18社の取引所を一覧で紹介します。 過去にマウントゴックス事件が起こったために取引所選びは大変慎重に行う必要がありま ...

2

  ビットコイン(bitcoin)とは、世界で初めて作られた仮想通貨(暗号通貨)です。通貨と呼ばれる言葉通り「円」や「ドル」と同じ位置づけとして世界中で利用されつつあります。 通常の通貨と何 ...

3

  ビットコインがどのような仕組みで仮想通貨として成り立っているのかを紹介します。 まずざっくりと概要を説明すると、「ビットコインはP2Pネットワークとプルーフオブワークによってブロックチェ ...

4

2014年に大量のビットコインが紛失した通称「マウントゴックス事件」が急展開を見せています。 大量のビットコインを盗んだのは当時のマウントゴックスの社長であるマルク・カルプレスだという見方でほぼ確定し ...

5

  2017年7月現在、仮想通貨業界の話題をさらっているのが8月に起こると噂されている「ビットコインの分岐(フォーク)問題」です。 ビットコインは本当に分岐してしまうのか?分岐するとどうなる ...

-仮想通貨用語

Copyright© 仮想通貨とビットコインの教科書 , 2017 All Rights Reserved.