マイクロペイメント(少額決済)とはユーザーとサービスを提供する会社のマルチアドレスにコインをロックする取引(オープニングトランザクション)のことです。

そうすることでブロックチェーンの外側で取引をすることができ手数料がかからず高速に処理を行えます。取引が全て終わるとロック解除(コミットメントトランザクション)をブロックチェーン上に行います。

ブロックチェーン上にはロックとロック解除の情報は残りますが、オフチェーン上のトランザクションはブロックチェーン上には残らずブロックチェーン上のデータは軽くなり手数料が安くなる仕組みです。

 

仮想通貨用語集へ戻る