仮想通貨用語

ブロックチェーン

投稿日:

ブロックチェーンは「公開取引台帳」と呼ばれており、ビットコインの取引履歴が書き込まれたデータベースを表します。

ブロックチェーンを簡単に説明すると「全ての取引履歴の集合体」です。ビットコインを移動させた履歴が全てブロックチェーンに記録され、ビットコインではこの取引履歴のみを信用して通貨の保有量を決定しています。

ブロックチェーンでは複数のブロックをつなぎ合わせることでそれぞれのブロックの整合性を証明しています。ブロックチェーンの役割は取引の管理・取引の正当性の証明です。

取引の管理はP2Pで管理されており「ビットコインを持っている全員のパソコンで管理していて、そのネットワークに取引履歴すべてが公開されている」という状態です。

取引履歴の正当性の証明はブロックチェーンではビットコインの過去の取引全てが記録されていて、それがネットワーク上に公開されています。

誰でも見られるネットワークにブロックチェーンは公開されているので、コインを受け取った人はその取引履歴がブロックチェーンに記録されているかチェックできます。ビットコインを受け取った人はブロックチェーンに記録されているので自分が正当な保持者かどうか認められたことになり、ビットコインを他者に送ることもできます。

偽造貨幣や二重取引を完全に排除した「正しい」取引のみ記録されており、実質的には「なりすまし・改ざん」ができなくなっています。

 

 

-仮想通貨用語

Copyright© 仮想通貨とビットコインの教科書 , 2018 All Rights Reserved.