仮想通貨用語

アセットタイプ

投稿日:

仮想通貨はカレンシータイプとアセットタイプに分かれます。

アセットタイプは発行者が存在し、仮想通貨の発行速度や発行量をコントロールできます。

アセットタイプの仮想通貨は株式に例えられます。

株式は株式会社が株を発行し、会社は株を市場で売って資金調達をします。株式購入者は株式を発行している株式会社の将来性・発展性を見ながら売買をしていきます。

この株式の方法をそのまま仮想通貨の世界に持ってきたものがアセットタイプの仮想通貨になります。

アセットタイプの仮想通貨は株式の代わりにトークンと呼ばれるものを発行して資金調達を行います。

 

カレンシータイプの仮想通貨▶ビットコイン、イーサリアムなど

アセットタイプの仮想通貨▶ゴーレム、オーガーなど

 

 

 

人気の記事

1

  現在日本でビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の取り扱いを行っている18社の取引所を一覧で紹介します。 過去にマウントゴックス事件が起こったために取引所選びは大変慎重に行う必要がありま ...

2

  ビットコイン(bitcoin)とは、世界で初めて作られた仮想通貨(暗号通貨)です。通貨と呼ばれる言葉通り「円」や「ドル」と同じ位置づけとして世界中で利用されつつあります。 通常の通貨と何 ...

3

  ビットコインがどのような仕組みで仮想通貨として成り立っているのかを紹介します。 まずざっくりと概要を説明すると、「ビットコインはP2Pネットワークとプルーフオブワークによってブロックチェ ...

4

2014年に大量のビットコインが紛失した通称「マウントゴックス事件」が急展開を見せています。 大量のビットコインを盗んだのは当時のマウントゴックスの社長であるマルク・カルプレスだという見方でほぼ確定し ...

5

  2017年7月現在、仮想通貨業界の話題をさらっているのが8月に起こると噂されている「ビットコインの分岐(フォーク)問題」です。 ビットコインは本当に分岐してしまうのか?分岐するとどうなる ...

-仮想通貨用語

Copyright© 仮想通貨とビットコインの教科書 , 2017 All Rights Reserved.